不動産売却

不動産を少しでも高く売りたい。。。売却する際に最低限必要な基礎知識を紹介

スポンサーリンク

不動産を高く売りたい人必見!〇〇な方法で超お得!

 

 

不動産を高く売りたいという人は多いはず。

なんなら、売却を前提に購入している人もいらっしゃると思います。

不動産の売却はかなり絶妙なラインでの取引でないと交渉が成立しない場合が多く、

ほとんどの場合、そこまで大きな利益にはなりにくいです。

ただし、例外として都心部にあるマンションなどは高額な家賃が取れ、土地の価値が下が離にくいので

ここで話す内容とは少し変わってくるでしょう。

ここでは、郊外や地方などに存在するマンション、アパートについてお話しします。

 

不動産を高く売る方法その1 直接売買

 

不動産を高く売る方法として最もメジャーなのは、直接売買です。

不動産業者を挟まず、売主を自分で見つけてきて取引をします。

買主次第ではありますが、ある程度自由に価格設定もでき、

双方の合意が取れれば契約ができる為、売却益を取りやすいです。

 

メリット

 

  • 無駄な仲介手数料がかからない
  • 調節売買の場合、買主は自分の知り合いの場合が多い為、価格交渉がしやすい
  • 結果的に高い売却益になる可能性が高い

 

デメリット

 

  • 不動産業者を挟まない事によるトラブルの可能性
  • 法的処理を自分でするリスク(上に類似)

 

不動産を高く売る方法その2 外部組織とつながる

 

外部組織とは、不動産や銀行、税理士などをさします。

なぜこのような外部組織とのつながりが重要かというと、

それぞれが情報を持っているからです。

もちろん情報とは投資家の情報です。

中間マージンは取られるものの確実に取引ができる可能性が高いでしょう。

不動産の場合、仲良くなったり交渉次第では仲介手数料を下げることも可能ですし、

銀行や税理士の場合、不動産業には当たらない為そのような中抜きはできません。

ただ、注意点として紹介料としての請求があることもあります。

 

 

メリット

  • 即効性が高く、取引が確実に完了する
  • 外部組織に入り込むことにより、中間マージンの削減が行える
  • 取引の相手が安全である可能性が高い(銀行、税理士の場合特に)

 

デメリット

  • 中間マージンを取られる
  • 高利回りを狙っている人が多い為、価格設定が難しい

 

不動産を高く売る方法その3 建設業者に直接通知する

 

不動産ではなく、建設業社に直接問合せしてみましょう。

その建物を作った業者でなくても構いません。

大手でも個人でもそこは自由です。

建設業者は宅建業を持っている為、自社で取引できます。

そして、その土地の活用方法も知っていますので、利用価値があると判断されれば多少高くても買ってくれる場合があります。

 

メリット

  • 契約となった際、割と中間マージンの交渉がしやすい
  • 活用方法は多くある(解体も視野に入れている)為、土地の利用価値を幅広く見てもらえる

 

デメリット

  • 大手メーカーなどは建築費が高い為、解体がいる物件などは触りたがらない(結局高く売れない)

 



 

まとめ

 

結果的に不動産を高く売る方法は、直接取引が一番効果的です。

しかしながら、そのような知り合いが周りにいないこともしばしば。

そのような場合は外部組織を頼り、中間マージンを抑えるのも効果的ですね。

今回は出費なしで高く売る方法をお伝えしましたが、

出費があってもいいとなれば、方法は増えるでしょう。

例えば、外壁塗装やクリーニング、設備工事など

その建物を第三者が手入れなしで使える状態にしておけば成約率も上がり、単価も上がります。

もちろんその場合、追加のオプション工事費を上乗せした金額で売らなければいけないので

売れないリスクを考えると手を出しづらいのが実際ですが、、、

あまりにもい外観が汚いなど、現状で売れる可能性が低いのであれば、そのような工事をおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

-不動産売却
-

© 2022 不動産ウンチク情報局 Powered by AFFINGER5