賃貸

失敗しない賃貸物件選び!

スポンサーリンク

物件を選ぶとき、サイトを見ていても結局どのような物件も一長一短があり、
どれがいいか迷った経験がある方はいませんか?

今回はそんな方のため抑えるべきポイントを解説していきたいと思います。

 

賃貸物件を探すコツ

メモ帳

 

その1:ネットで探す!

今やネットで簡単に探せる時代。

多くのサイトが存在します。

ポイントは多くのサイトに登録しないことです!

なぜかというと、結局どこのサイトも同じような物件を掲載している為、頭が混乱するのを防ぎます。

最終的には不動産屋に行くことになり、掲載しているサイトが違うだけですから、
何サイトかに絞りましょう。

 

メリット

・数多くの物件の詳細が見れる

 

デメリット

・掲載している物件が全てではないので、ネットに出ていない情報が把握できない



その2:不動産屋で探す!

 

前述のようにネットで探しても、結局は不動産屋に行くことになります

ですので、近くに不動産屋があるのであれば行ってみることをお勧めします。

しかしここでポイントなのが、自分の中で大体の基準を決めておきましょう

不動産屋に行ってからそこで悩むのもいいですが、ネットで調べてスクショするなど
できるだけ効率化を図ることをお勧めします。

そのような材料があれば、不動産屋から「このような物件はどうですか?」と提示があります。

ネットに出回ってない情報もあったりするので効果的です!

 

メリット

・地域密着で掘り出し物物件が出てくる場合がある。お勧め地域などが知れる。

 

デメリット

・不動産によりあたりハズレがある。(特に個人の場合)適当なところはかなり適当。アフターフォローもない場合もある。

 

 

効率的な探し方!

 

まずはネットで調べて、ある程度絞ってから不動産屋にGO!

不動産屋の情報も頭に入れて総合判断!

知り合いに不動産屋がいるのであれば条件だけ伝え、探してもらっておくのもいいですね!

 

 

物件の探し方!

 

家の模型

 

間取りで探す

何人で住むかで大きく変わりますが、大まかな目安として紹介します。

 

1人の場合

 

・シングルベッド
・2人掛けソファ
・テレビ
・テーブル

程度であれば6〜8畳ほど(1R)で問題ありません。

これが

・ダブルベッド
・3人掛けソファ
・大きなテレビ

となってくると10畳(1R〜1DK)ほどは必要かと思います。

 

2人(同棲など)

 

それなりの家具が揃っていることを想定すると

1LDK〜をお勧めします。

しかし1LDKだと家具の配置は全く問題なく済むと思うのですが、
クローゼットに入りきらないことが想定されます。

2LDK以上であればクローゼットは2個以上あることが多いので、
安心をとるなら2LDKです。

1LDKの1部屋を服の部屋として使っている方もいらっしゃいますから
ここはピンキリですね!

 

3人以上

 

もうこれは有無を言わさず2LDL以上をお勧めします。

子供が押さなければ2LDKでも大丈夫という話です。

中高生であれば3LDKはマストかもしれませんね!

 

エリアで探す!

 

エリアで探す方法は主に2通りあります。

それは通勤に便利なエリアで探すか暮らしに便利なエリアで探すかです。

 

通勤に便利なエリアで探す

通勤に便利なエリアで探す場合、駅で絞った方が良いでしょう!

会社によっては何駅以内でないとダメという場合もありますしね。

それに駅周辺には飲み屋さんもあって息抜きもしやすいです。

 

暮らしに便利なエリアで探す

お子様が幼ければ公園が多いエリアや中高生であれば中学校や高校などお子様に合わせるのも良いでしょう!

また、近くにスーパーがあると主婦にはいいでしょうね!

意外とクリーニング屋が徒歩圏内とかもいいですよ!

 

物件選びの3つの注意

 

物件に悩む人

 

見栄っ張りに注意!

 

まず最初にお伝えしたいのは、あこがれは捨てることです!

市内がいい!○○区がいいなどはただの見栄です。

そのようなところは必然的に家賃が高く、物件選びにおいて盲目になります。

すまいは人にとって重要なもので、たかが住所のために本当にいい物件を見失うリスクはかなり大きいです!

間取りとエリアが決まれば残すは家賃!

このように物件を絞っていきましょう

おすすめはやはり郊外になります。

家賃は安いのに、設備も整っており、駐車場代も安い!

朝の通勤通学の目を瞑れば毎月かかる家賃を大幅に削減できますよ!

 

リノベ物件には注意!

 

リノベーション物件はよく観察しましょう!

見た目は綺麗ですが、構造体は古いまま。

音の問題はもちろんありますが、水道管の接続工事などをしているとちょっとニオったりします。

基本的にはいい物件が多いので、あくまでそのようなものもあるということは頭の片隅に置いておいてください!

 

ロフト付き物件には注意!

 

ロフト付き物件は見た目はお洒落で、効率的に空間を使えて良いイメージ。

しかし、落とし穴があります。。。

 

夏は暑い!

ホコリが溜まる!

です。

 

多くの場合、ロフトよりしたにエアコンがあるので、冷気が2階まで上がってきません。
掃除も大変で意外と使い勝手が悪いです。

しかし、かなり家賃が安いのでそんなの気にしない!って方は良いかもしれませんね!

 

まとめ

 

物件選びは重要な決断です。

懐事情もあるでしょうし、初期費用も高い!

ポイントは、条件を見失わないことです。

間取りは何で、エリアはどこ、最低限の欲しい設備を頭に入れ(できればスクショでいいので情報を持って)不動産屋にいきましょう。

不動産屋はピンキリです。

態度の悪いところもあります。
そのような場合、連絡を無視して別の不動産屋に行って構いません。

どこで契約しても基本的には値段は変わらないので!(クリーニング代や鍵交換代は変わるかも)

いい住まいが見つかることを願っております!

 

スポンサーリンク

-賃貸
-

© 2022 不動産ウンチク情報局 Powered by AFFINGER5